2012年SSパリコレより

20111020_160243_001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝の京都新聞に「2012年春夏パリコレ」の記事がでていました。
“~パリでは一気に透明感のある「白」の提案に切り替わり、ゴージャスなレースやオーガンジー、薄くて張りのある素材を重ね、かすみが掛かったようなロマンチックなドレスが次々に発表された。~”
“ユーロ圏の経済危機が日々伝えられる中で、デザイナーたちは、社会や政治に対してのメッセージを声高に主張するよりも、夢と生きる喜びをうたい上げる方向へ向かっている。”
と、印象的な記事でした。

コメントをどうぞ